年内内定のこれが必勝法だ!

詳細をPDFで見る

学校の試験勉強に追われ、気がつけば季節は秋。就活のスタートに出遅れてしまった!
・・そんな人のために年内内定を取り付ける方法をヒポクラテスが伝授します。
このケーススタディを参考にして、年内に内定をゲットし、年明けからは国家試験に専念できるように頑張ってください!!
今回は、就職支援サービスを利用して年内内定をゲットした大平さんにお伺いしました。いったいどのようなスケジュールで、就職活動を行ったのかチェックしていきましょう。
11/14
キャリア・アドバイザーに相談気にはしていたけど、11月になっても就活を何もしていなかった私。友達がキャリア・アドバイザーの大城さんに会うというので、なんとなく私もついていきました。11月は学校で国家試験の模擬テストがあり、就活どころではなかったのが本音です。大城さんは、今の時期なら年内内定も可能だと教えてくれました。会ってよかった。
11/16
会社見学(1社目)大城さんにすすめられて、さっそく会社見学に行きました。実際に働いている治療家のみなさんを見るのはとても刺激になりましたね。でも、他の会社も見ておかないと比較もできないと思い、大城さんに他の会社も見学してみたいとお願いしました。
11/19
会社見学(2社目)模擬試験がせまっていて、気持ちがあせっていました。次の院はよく調べたら、母が通っている治療院を経営している会社でした。あとで母に聞いたら、とてもいい治療院だよとのこと。地元に近いという親近感、働く先生たちの仕事ぶり、アットホームな院の雰囲気にふれ、私自身、すぐにピーンと来ました。「働くのなら、ここがいい!」と。2社目で理想の職場に巡り合った気がしました。
11/22
エントリー(書類提出)試験前にエントリーだけでもしておいたほうがいいとアドバイスを受け、書類だけは作成することにしました。大城さんから履歴書の書き方と面接時のアドバイスを受けることに。履歴書の下書きを持っていき、大城さんに見せ、「志望動機」の欄について話し合いました。将来どんな治療家になりたいのか。なぜ、この会社を選んだのか。素直に思いを話していくうちに、自分の目標がハッキリしてきました。
12/02
学校の認定試験私にとって最初の関門、学校の認定試験がありました。試験前はあまりの緊張で大城さんの前で思わず涙が…。大城さんに励まされながら、書類提出までなんとかこぎ着けた私。ひとつの不安がなくなったおかげなのか、試験にも集中でき、自己採点では合格圏内に入りました。ここ数週間、緊張のしっぱなし、ちょっと晴れやかな気分に。
12/03
面接練習12月6日に決定した面接日を控え、大城さんに面接練習をしてもらうことになりました。試験も終わってスッキリした気持ちで就活と向き合えるようになった気がします。自分の目標が明確になったので、それを軸にあとは話をふくらませていくだけだということを大城さんと確認しました。
12/06
最大の難関!面接とうとう面接の日がやって来ました。落ち着いて話せたし、自分の気持ちもしっかり伝えられました。自分としては確かな手ごたえがあったという感じでした。
12/07
内定!11月から動いて、年内内定をゲット! いま思えば、成功の理由はスケジュール管理がうまくいったことだと思います。大城さんからの「就活に集中する期間」「試験に集中する期間」をしっかり分けてスケジュールしたほうがいいというアドバイスに感謝。一人ではなかなか難しいことも、キャリア・アドバイザーに相談することで、面接日程の交渉などもスムーズになります。大城さん、いろいろありがとうございました!

あわせて読みたい関連記事