タイプ別 就活アプローチ作戦!

詳細をPDFで見る

いよいよ本格化する就職活動を目前に、まずは何をすればいいの? という人もいるだろう。
そこで今回は、「治療家就職博2013」に参加した3タイプの先輩の体験談をもとに、どんな風に就活を進めていけばよいのか、タイプ別に解説していくぞ!

先輩から学ぼう!

先輩たちはどのように就活を行ったのだろうか。タイプ別に体験談をうかがった。

計画遂行タイプ

計画遂行タイプ 目標を定め、条件を設定したら、スムーズに会社選びができました。
僕は自分が将来どうなりたいのかを考えて、それに合う会社選びから始めました。学生時代、アルバイトやインターンシップの経験がなかったので、研修制度がしっかりしていること、外傷の患者さまが多いこと、給料面、環境面がいいことが会社選びの条件でした。夏休みを利用して東京で会社訪問をし、9月には内定をもらいました。就活は、まず自分の目標を決めておくことが大切ですね。

直感ひらめきタイプ

計画遂行タイプ2回めの会社見学会でピンポーン!運命的な出会いで決めました。
不器用な私は、就職より、国試より、まず大学の 卒業試験をクリアしなければという状態で。就活は、友達についていってキャリア・アドバイザーの人に会ったことが最初でした。いろいろアドバイスを受けるうちに私も会社訪問をすることになり、早くも2社目に理想通りの会社に出会うことができました! そして年内内定も。計画も大事ですが、就活は出会いや直感も大切ですよ。

なんとかなるさタイプ

計画遂行タイプ就活に出遅れ国試に全力!気がついたら3月に‥。
私は沖縄出身なので首都圏の人のように気軽に会社訪問ができませんでした。周りの人も「なんとかなるさ」と、年内は積極的に動いていなくて、私も国試の結果発表の日に面接をしたほどです。3月に5社をまわり、やっとのことで内定が決まりました。現在は無事に治療家として働いていますが、いま思えば、夏休みにもっと情報収集をして動いておけばよかったと思いますね。

チェックしよう!

さて、あなたは果たしてどの先輩に近いタイプなのか?チャート診断でチェックしてみよう!
就活タイプ診断

計画を立てよう!

タイプの差こそあれ、「内定までにやるべきこと」は全員共通。
ヒポクラテスの提唱する理想の就活スケジュールで確認しよう。
就活スケジュール

あわせて読みたい関連記事