topVisual-メディカルアーツvol-01

治療家と経営者、2つの可能性に挑戦できるチャンスをつかめ!


未来の幹部も視野に、挑戦と成長の機会を。

川崎市に3院を展開する株式会社メディカルアーツはスタッフの平均年齢が20代半ばとフレッシュで元気な治療院だ。「院から元気を発信し、地域全体を元気にしたい、『治療で人々を幸せに!』それが当社のミッションステートメントです」と、メディカルアーツ代表取締役の今井英弥氏。そのミッションを実現するために重視していることが3つあるという。

まず1つ目はスタッフの治療技術向上だ。月に1度の3院合同の勉強会と、各院での勉強会。今年からは「メディカルアーツユニバーシティ(社内大学)」を立ち上げ、基礎医学に関する勉強会に加え、経営についての研修も行うそうだ。2つ目はスタッフの人間性育成。「社内での信頼関係ができてこそ、患者さまとの関係も築ける。スタッフの交流の場として、社内イベントなどを定期的に行っている。3つ目はスタッフそれぞれのチャレンジ精神だ。「挑戦することは自分自身を成長させます。一流の治療家を目指す上で重要なことです」と今井氏。
メディカルアーツでは未来の幹部となる人材を求めている。自分の可能性に挑戦したい、そんな強い思いに応えてくれる職場だ。