業界大手のクラシオンに 2つの新事業が誕生!


年で3年分の学びが得られる。これまでの業界の常識にとらわれない斬新な発想と、将来を見据えた戦略で飛躍的な成長を続けているクラシオンが、また新たな一歩を踏み出した。今回打ち出したのは『美容鍼灸治療』と『スポーツトレーナー』の2つの事業部門の立ち上げだ。

美容鍼灸治療を推進する理由は2つ。ひとつは、これまで保険治療を中心に展開してきたクラシオンが、今後の医療費高騰など時代の変化に対応するための成長戦略の一貫である。そしてもうひとつは、鍼灸治療に秘められた可能性だ。「世間で鍼治療の存在は広く知られていますが、実際に受けたことがある人は本当に少ないんです。鍼灸専門院を展開していく上で美容鍼に絞ったのは、美への探究心が高く、情報発信力のある女性に『鍼』のよさを知っていただくため」と採用担当の渡辺真吾氏。これまでのように治療としての鍼だけでなく、美容というスパイスを加えることで鍼灸専門院を成功に導く、確かな狙いがそこにはあった。また、この美容鍼灸院の立ち上げにはクラシオンに在籍する鍼灸師のキャリアプランの構築も含まれている。「女性の鍼灸師の先生に、目標のある働き方をして欲しい」とスタッフのモチベーションアップにもつなげている。近い将来、店舗を増やす計画も進んでおり、美容鍼灸の道を志す方にとっては目が離せない取り組みだ。

また、スポーツトレーナー事業も、クラシオンが強化を目指す事業のひとつ。現役のプロアスリートの身体をケアするためのスペシャリスト集団を社内に配置。10月からは女子サッカー選手の丸山桂里奈選手と専属契約するなど社内での注目度も高い。「もともとスポーツトレーナーを目指したいという声が社内的にありましたし、また、スポーツトレーナーの勉強を専門としている学生も増えています。会社としても、そういう人たちの期待に応えたい。門戸を開き、貴重な経験を積んでもらえればと考えています」と同氏。今後もプロアスリートやチームとの契約を視野に入れて、精力的に動いていくそうだ。

従業員と企業の“やりたいこと”が見事に重なり合い、“変化を進化”へと結びつけているクラシオン。事業の拡大と同時に、採用枠もどんどん拡げていくということなので、説明会や企業訪問に足を運んでみてはどうだろうか。