topVisual-クラシオンvol-06

目標は2020年までに100院! 急成長、急拡大を支える 「学びのシステム」


創業12年ですでに36院を立ち上げ、2020年までに100院を目指すという、業界屈指の急成長企業であるクラシオン。千葉県・本八幡駅前に「本八幡駅前整骨院」を開設して以来、千葉県を中心に駅前立地にこだわった院を開く独自の展開で成功をおさめてきた。

その成功を支えているのは、新しいことに挑戦するチャレンジ精神と、独自の人材育成システムにある。
「当社は“1年で3年分の学び”をモットーに、高い技術と丁寧な接遇を実現するための研修制度が充実しているのが最大の特長です。入社1年目の新人でも本人のやる気と努力次第ではすぐに院長になることも夢ではありません。事実、平成23年度の4月入社の社員33名のうち、すでに2名が院長に昇格しました。2020年までに100院を目標に掲げていますし、院長になるチャンスはとても大きいといえますね。新しい分野への取り組みも積極的に行っていて、特に鍼灸分野では「美容鍼灸」に力を入れています。すでにグループ院のなかには、美容鍼灸をメニューに入れて、治療に取り組んでいる院も数多くあります。近い将来、美容鍼灸の専門院をオープンする予定です。美容鍼灸に興味のある女性の方は選択の幅が広がります。ぜひ一度、問い合わせいただきたいですね」とクラシオン営業部長採用グループリーダーの渡辺真吾氏。

そんなクラシオンの実態を取材するために、千葉県の鎌ヶ谷駅前にある「鎌ヶ谷西口整骨院」におじゃました。院内はオープンで明るい雰囲気、サプリメントなどの物販も扱っている。院長の有銘光先生は入社1年半でのスピード出世だ。
「私は沖縄出身ですが、将来は地元に帰って開業するのが夢です。当社は上昇志向のある熱い人たちが多く、とても刺激になりますね。セミナーや勉強会などが多く、短期間に集中して学べます。また千葉県は物価も安く暮らしやすいところですよ。地方から東京を目指す人は、ぜひ、当社をチェックしてみてください」と有銘先生。クラシオンの魅力については次のページで詳しくご覧いただこう。