競合院ひしめく激戦区で選ばれる!人に愛され街に愛される治療院。


東京の西のベッドタウンである福生を中心にして、地域に根差したホスピタリティあふれる治療院を展開している福生整骨院グループ。多くは立川からさらに西へ入る青梅線沿線に点在しているが、この「立川わかば整骨院」は、西地区のターミナル駅として賑わう立川駅から徒歩5分ほどの繁華街のなかに立地し、周りには競合院ひしめく激戦地区にある。

他のグループ院とは異なり、顧客層もバラエティ豊かで、それぞれのニーズに的確に応える柔軟性が要求される。昼はお年寄り、赤ちゃんを抱えたママ、夕方からは学校帰りの学生、夜は会社帰りのビジネスマン。そしてこの街のショッピング街、ビジネス街で働く人たちも常にやってくる。

こうした環境のなかで、立川わかば整骨院をグループ内の人気院として先導してきたのが、就任6年目になる富田光史院長だ。「ここ立川は、他の青梅線沿線院と比べて人口も多いし、人の流れも頻繁です。それだけに私たちの仕事はルーティン化しやすい。私が6年間気をつけてきたのは、今日ここに来てよかった、わかば整骨院を選んでよかったと一人でも多くの方に思っていただける院にすることでした。それには技術はもちろんのこと、個々の患者さまの心に寄り添うやさしさや思いやりが何より大切です。それを患者さまが感じることで本当の信頼感が生まれ、私たちが晴れて頼れる存在になれるのです。ここは誰もが心身ともに癒される場所、福生整骨院グループが目指す地域コミュニティを実現する治療院の姿だと私は思っています」

富田院長が牽引する地域コミュニティヘの精神は、院内だけでなく院外のさまざまな活動にも広がっている。スタッフ総出で行う駅前の清掃活動、町内会のお祭りや運動会への参加、地域の野球リーグへの参加など、自分たちも楽しみながら地域とのふれ合い、絆を豊かにしている。これが激戦区立川で、人に愛され、街に愛される治療院のベースとなっている。