topVisual-シーエムシーvol-05

シー・エム・シーの 魅力は院にあり!


東京・千葉エリアを中心に、首都圏で70ヵ所以上の整骨院を展開している株式会社シー・エム・シー。整骨院グループ企業では業界最大手だ。その特長は、院の「元気・活気・明るさ」、そして「CMCカレッジ」という独自の教育システムで「技術・知識・心構え」を学べること。福利厚生面としては、各種加入保険の完備や、地方出身者の上京就職をサポートする社員寮などがある。さらに、パンフレット・ホームページでは伝わらない「手本となる人材の存在」も大きな魅力といえよう。 今回お話をうかがったシー・エム・シーが誇る医療家のひとり、CMC西葛西整骨院の大條隆章院長は、医療家日本一を決める第9回医療オリンピックC-1でみごと「矯正王」に輝いた一流の医療家だ。シー・エム・シーの統括マネージャーとして14院の運営管理の仕事もしている。 「私が心がけているのは、患者さんを笑顔にする院であることです」と大條院長。「みなさん痛みを抱えて治療院にやって来ます。やはり気分も沈みがち。だからこそ来院された方みなさんに笑顔になって帰ってもらいたい。施術で辛さや痛みをとることはもちろん、楽しい会話や気配りなどで患者さんの心をほぐすことも私たちの重要な役目だと思っています。私の院はとにかくオープンなんです。治療以外でもいろいろな患者さんが来てくれます。例えば、院にいると落ち着くからとニコニコと3時間も過ごす中学生、自転車が壊れたから直してほしいとやってくる人。ある受験生の子なんかは、たまたま待合室にいた大学生の患者さんに勉強を教えてもらっていましたね。私は、そういった人たちの存在はみんなに開かれた整骨院の証だと考え、すべてよいことと思っているんです」と笑顔で話してくれた。 シー・エム・シーには他にも地域に愛されるスゴ腕の院長がたくさんいる。その実態はぜひ、この夏、自分の目で確かめに行こう。