ちとふな中央整骨院

院への信頼と、患者様の輪!

繁盛院データ
所在地 東京都世田谷区船橋1丁目1-12-1F
電話番号 03-3426-4139
営業時間 平日 9:00~12:00 / 15:00~20:00
土曜・日曜・祝日 10:00~12:00 / 14:00~18:00
休日 第4日曜日
スタッフ数 治療家8名
平均来院者数 約100名

PDFで記事を見る

東京都世田谷区にある「ちとふな中央整骨院」は1日の来院者数が約100名と、まさに繁盛院! 2年5ヵ月前の開院当時と比べると、3倍以上にまで来院者数が増えたそうです。今回は開院以来、院長を務める久保田大輔さんにその秘訣についてお話をうかがいました。

活気ある院づくりの基本は元気で積極的な声

「こんにちは!」中に入ってまず飛び込んできたのがスタッフの大きな声。次に壁を埋めるほど貼られた、症状や治療方法を詳しく解説したにぎやかな手書きPOP。「ここなら治してくれそう!」と期待したくなるようなポジティブな雰囲気です。どうやってこの活気をつくってるんでしょうか?

「声を出すことが活気づく一番のコツですね。患者さまとスタッフに向けてチェックバック(施術内容の復唱)をして声を出しています。おかげで『最初は元気がありすぎるので入りづらかったけど、入ってみたら居心地がいい』『整骨院に対するイメージが変わった』という声を多くいただきます。そもそも整骨院が何をしてくれるところか分からない、とおっしゃる方って結構多いんです。なので最初に壁のPOPを見てもらいながら症状や治療方法について説明すると、みなさん納得して治療に入っていただけます。僕たちがまず一番に考えるのは、患者さまのこと。患者さまが今どういう状態で何をどう治療しているのか、納得・安心・満足してもらうことが大切です。そのために月1回スタッフミーティングを設け、スタッフ全員で改善点を考えています。積極的にああしたい、こうしたいという声がスタッフ全員から出るのは、患者さまに対する意識が高いからだと思います」

治療を通して深まるコミュニケーション

壁に貼ってある患者さまとの忘年会の写真、とても楽しそうですね!「他院と合同で開催した忘年会は患者さまだけで110名も参加され、とてもにぎやかでしたね。お誘いするのは通院中の方ですが、完治された方でも参加してくださる方もいらっしゃいます」

どうしたらそんなに患者さまと仲良くなれるんですか?  「僕たちは初診時に患者さまと相談して治療目標を立てます。表面的な症状が治って終わりではなく、患者さまとゴールを共有し、そこに向け治療を進めていくので、コミュニケーションも自然と深くなります。イベントをきっかけに再来院される方もいらっしゃいますね」   院の明るい雰囲気は親しみやすさにつながっていますね。その元気の良さの素となる「やる気」はどう維持していますか?  「毎月全員が自己評価シートをつけ、来院者数アップにつなげる個人目標を立てています。同時に僕が個人面談を行い、ステップアップするための課題やアドバイスをしています。チラシ配りなど直接診療に関わらない業務も大切な部分だということも含めて伝え、全員のモチベーションが下がらないようにフォローしています。あとは独自の教育プログラムでの技術試験も3ヵ月に1回、各自のレベルに合わせて全員に実施します。接遇だけでなく技術も大切です」   常に目標があれば気持ちも自然と前向きになりますね。今後の目標は?  「世田谷で技術、来院者数ともに一番になることです。そのために現在月1万枚配っているチラシをもっと効果的に配ったり、最近足が遠のいた方にハガキでフォローする予定です。目標来院者数は130名 日ですね」   患者さまを第一に考える姿勢が徹底しているからこそ、患者さまも信頼して体を預けられるんですね。ちとふな中央整骨院では、さらにパワーアップするために新しい仲間を募集中だそうです。気になった方は院に連絡してみてくださいね。それでは次回もお楽しみに!

あわせて読みたい関連記事