経営とは自分の生き方を実践すること


あなたの「独立の夢」を応援したい。

いま、これを読んでくださっている読者のみなさんは、現在、学生で勉強中の人、すでにさまざまな治療院で働いている人、院をまかされている院長の人もいることでしょう。そのなかの多くの人たちが、将来は独立して自分の院を持ちたいという夢を抱き、日々、がんばっていることと思います。私はそうした「独立の夢」を持ってがんばる若い治療家のみなさんをできるだけ応援したい。そのために、私が経験して得た治療院経営のノウハウを広くみなさんにも知っていただきたいのです。私の思いに共感し、理解し、開業する院が増えることで、治療院全体の社会的な認知も変わり、その価値や役割がより高く評価されるようになってほしいと願っています。これからの時代の治療院はどうあるべきか。どうすれば繁盛院となれるか。それでは、私と一緒に考えていきましょう。

お金のために独立するべからず

まず、初めにあなたにお聞きします。院を経営するということは、どんなことだと思いますか? 現在、治療家として働いている人は、患者さまを治すというのが第一で、突然に経営のことなど聞かれても困るというのが本音でしょう。事実、私が独立するときもそうでした。でも、これはとても大事なことですから、冒頭にお聞きしたかったのです。つまるところ経営とは「お金を儲ける」ことと認識していませんか。もし、そう思っていたとしたら、それはうまくいかないかもしれません。

それでは治療院を経営する上で大切なことはなんでしょう? あなたは自分の院を持とうとするくらいですから、知識や技術があるのは当たり前。必要なのはどんな人生を歩みたいのか。どんな男(女)になりたいのか。どんな治療院をつくりたいのか。というアイデンティティだと私は思います。それは起業家としての生き方といっていいかもしれません。人生を生きるということは、人生をマネジメントする、経営することと同じことだと私は考えます。これをしっかり持っている人なら、その治療院を成功させるのはそう難しいことではありません。自分の思いや生き方を経営に反映させれば、おのずとあなたなりの治療院のアイデンティティが発揮され、共感する患者さまはついてくるものです。それが、お金儲けのための効率化やノウハウだけでやっていくと、最初は上手くいくこともあるでしょうが、遅かれ早かれその治療院には人が来なくなるでしょう。

最近、この業界にもさまざまなマネジメントのプロが入って来ていろいろな手法を教えてくれています。ポイントカードや各種割引サービス、お友だち紹介などなど。でも、こうした手法だけでは限界があるのです。患者さまは数ある治療院のなかから、なぜ、あなたの院を選んでくれるのか? その本質を理解しないとどんなサービスを実施しても効果はないでしょう。

心のケアも治療院の仕事

患者さまが治療院を選ぶ最大の理由は、料金の安さやサービスの種類ではありません。それはその院で働いているスタッフの人間力であり、コミュニケーション能力だと私は断言します。すでにグループ院で働いている人、その院長をしている人なら分かっていると思いますが、患者様は治療と同時に、心のケアも求めてやってきます。そこでどんな言葉をかけられるか、どんな気遣いができるか、それがあなたの院の印象や評価に繋がります。それが口コミとなって、また新たな患者さまを連れてきてくれるのです。症状は「事実」、満足は「解釈」です。人は自分がとてもいい思いをしたときは他の人に話したくなるものです。「あの院はとても感じがいいよ」「あの院の先生はとてもいい人だったよ」。これが治療院を繁盛させる最大の要因です。

例えば独立したての院の院長であれば、痛みの治療は一生懸命にするでしょうが、機器のリース代や保険請求のことで頭がいっぱいで、患者様へのちょっとした言葉かけや気遣いにかけてしまったとします。それで痛みが治ったとしても、患者数の増加には繋がりません。自分では気づいていないかもしれませんが、院長の顔には「資金繰りで頭がいっぱい」と書いてあるのです。そんな院長のいる院には誰も行きたくありませんね。

患者様こそが最高のセールスマン

治療院経営とは、効率化とはまったく逆に「どれだけムダなことができるか」が実は大切なことなんです。患者さまが求めているのは、いかに自分に対応してくれるかということ。治療院は治療だけするところではありません。自分のことを知ってもらいたい、他人との触れ合いがほしいと潜在的に思っている人たちが、人とのコミュ二ケーションを求めてやってくる。身体の痛みを治すと同時に、孤独やさびしさなど、心の隙間をうめてほしいと願っている。治療院は、そういう現代人のためのコミュ二ティという役割も担っているのです。そしてそこに来る人たちは、さまざまな価値観を持っています。こうした人たちを迎え入れ、心のケアまでする治療院は、効率化を図った対応などできません。けっしてマニュアル通りのセールストークなどは通用しません。だからこそコミュニケーション力が必要になり、人間力が試されるわけです。

あなたが独立開業を目指すなら、まず何よりもこの能力を磨くことが大切です。多様な価値観を持つ患者さまを受け入れ、話を聞き、身体も心も楽にしてあげ、帰るときには笑顔にし、また来たいと思わせる。この一連の作業をスムーズに行えるのが、一流の治療家であり、一流の治療院といえるでしょう。ここまで自信を持ってできれば患者さまがきっと新たな患者さまを連れて来てくれます。患者さま自身が、あなたの院のセールスマンになってくれるからです。最大の効果を発揮する治療院の集客法は、患者さまによる口コミの連鎖を起こすこと。そのノウハウについては次回のテーマにしたいと思います。それでは次回をお楽しみに