第1回「治療家」+「医薬品登録販売者」の時代がやってくる!


治療業界では「医薬品登録販売者」である「治療家」というスペシャリストを急募している!

治療院業界は超過当競争時代を迎えている。だが、そんななかでも勝ち組治療家は成功し、勝ち組治療院は大繁盛しているのだ。

では、勝ち組治療家になるためにはどうしたらいいのだろう。ここで必要になってくるのが、勝ち組治療院での仕事の経験である。勝ち組治療院が求める人材になるためには、国家資格を取るための受験勉強だけでは話にならない。患者さまが求めるさまざまな手技・施術の実技力が試されるのだ。したがって、それに備えてスキルアップを怠ってはならない。

それに加えて、勝ち組治療院に採用してもらうために、もっとも強力な武器になるのが「医薬品登録販売者」という資格だ。なぜなら勝ち組治療院は、薬店を併設するための準備をしているからである(この資格を取得し、準備を進めている治療院は現在1200院以上)。

また、みなさんも知っているかもしれないが「薬店が治療院を併設するケース」も増えている。元来、治療院と薬店の間には計り知れない相乗効果(シナジー)があった。それに気がついた勝ち組の人々は、さっそく実現するための動きを進めているというわけだ。

医薬品登録販売者の資格者がいれば、治療院が薬店を併設することが可能になる。これからの治療家は、医薬品の知識を持つことが重要なリテラシーとなることは間違いなさそうだ。

この資格は治療家にとって非常に魅力的なのだが、受験資格(1年間の実務経験)や試験対策などがハードルとなり、手が届きづらい資格でもあった。しかし、合格率日本随一の実績(治療業界1200院以上・90% 以上の合格率)を持つIHF(国際健康財団)が運営する「医薬品登録販売者」資格取得サポートシステムなら、忙しい学生のみなさんでも、今の学業やアルバイトと両立しつつ無理なく取得まで導いてくれる。

本誌ヒポクラテスは、1人でも多くの学生の方に勝ち組治療家となってもらうために、このサポートシステムで資格取得を目指すみなさんを対象に、先着50名で奨学助成金(5万円)を負担することとなったので、ぜひぜひ活用してほしい。